INPAによるEシリーズBMWのエラーのチェック・消去

INPAによるエラーの消去です。
もちろん、エラーの原因の対処後に作業をして下さい。

 

まずは車輌との接続です。
Codingを始めたころは、Codingでは最初に車輌との接続確認のためだけにINPAを使っていたと思いますが、INPAは車輌接続確認のためのものではなく、きちんとした機能があります。
今回はエラー消去の手順です。

”Battery”と”Ignition”がONになると車輌との接続OKです。

E90を例のとります。
INPAの設定によって違いますが、この場合F9がE90です。
選択すると、このような画面になります。

 

選択すると
“Launguage variants do not match.Mulfunction possible!”
と出ますが、OKします。

 

次の画面でこのようになります。

 

設定によって違いますが、このINPAではF1”ReadEM”がエラーの読み取りです。

エラーを読み取るとこのようになります。

上記のエラーが検出されました。
このエラーの原因を対策してください。

 

エラーの消去はF2″ClearEM”です。INPAの設定によってF番号が違います。
クリアーすると下記の画面になり、エラー消去終了です。

念のためもう一度エラーを読み取って確認してください。

タイトルとURLをコピーしました