EシリーズBMWのナビのCICのHDDをクローン

CICのHDDをクローン

 

初期の車輌に搭載されているCCCの故障が聞かれて久しく、CICもそろそろ故障をするのではないか?と戦々恐々とされている方もおられると思います。

そんななか、せめてHDDだけでも予備が何とかならないか、と思うのは当然だと思います。

 

今回は、CICのHDDをクローンする方法です。
ちなみに、NBTのHDDはクローンが非常に困難です(現実的には不可能に近いです)が、海外の猛者で、SSDにクローンしている人はいます。いることはいますが、CICのように誰でも彼でも、気軽にホイホイ、という手技ではありません。

 

 

HDDからHDDにクローンしてもかまいませんし、SSDにクローンしてもかまいません。

ただ、HDDへのクローンでもSSDへのクローンでも、特に使用上の速度の変化は感じられないと思います。なぜなら、CICのインターフェース自身がPATA=IDEなので、読み書きの速度のリミティングファクターはHDD(SSD)ではないからです。
実際SSDに換装しても、体感できる速度アップは全く感じられませんでした。

 

ちなみに、オリジナルのHDDはこれです。

東芝のMK8050GAC 80GBのIDE=PATAのHDDです。
実はこのHDDは、ナビゲーション用に特別に開発された、耐熱、耐衝撃に優れたHDDで、当時、全世界のナビゲーションのHDDの70%のシェアを誇ったもののようです。
すでにこの当時SATAが勢力を伸ばしているときに、BMWがあえてPATAを採用したのはこのような理由でしょうか。

ーまだ続くー

 

スポンサーリンク

HDDのはずし方

HDDのはず仕方です。

セオリーどおりに攻めるなら、①⇒②⇒③とパネルをはずしますが、①をはずすのは大変です。
①をはずさず、②の下方を浮かせれば、③ははずすことが可能です。

はずすと先ほどのHDDを収納したスロットがあるので、はずして下さい。

クローンの実際

あとは、何も考えずにHDDをクローンです。

私はAOMEI Backupperというフリーソフトを使用しました。

また

ダプター:GREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA
使用して、PATA-SATAの変換を行いました。

HDDからHDD(SSD)に直接クローン(On the Fly)でもかまいませんし、いったんPCのHDDに保存してからクローンしてもかまいません。

SSDを使用する場合は、SSD-PATA(2.5インチ)の変換アダプターを使いましょう。私は
玄人志向  mSATA SSD IDE変換アダプター KRHK-MSATA/I9
を使用しました。

ーまだ続くー

 

コネタ

最後に小ネタです。

CICのHDD内にはA0というプログラムも書き込まれています。
CIC内部にはCI63、CI62、CIA0の3つのプログラムが書き込まれていて、このうちCIA0はE60、E70、E90すべてに共通です。

また、CI63~CIA0のプログラムのバージョン(DATEN=ZB)は、違っていてもあまり不具合はおきません。

つまり、自分のCICのHDDがクラッシュして、誰かの(もしくは中古の)CICのHDDをクローンしてインストールしても、作動します。

そのため、念のためCICのHDDをクローンしてストックしておくというのは、あまり必要がないかもしれません。クラッシュしてから調達しても良いと思います。

もちろんHDD内のミュージックサーバーの保存と言う意味であれば、HDD内容を保存する意味はありますが。

 

(追伸)2020年3月17日追記

最近ヤフオクでこんな出品があります。

BMW CIC ナビ SSD化
SSDに交換すると地図と音楽の読み込みが速くなります。

嘘です。もう一度言いますが、速くなりません。
また、SSDにしてのメリットはほぼ感じられないです。
CICはSATAではなくPATAなので、読み込みの律速段階はおそらくそこです。
なので、SSDに換装しても、速度のほぼメリットは感じられないでしょう。

また、こんな注意書きがあります。
※注意事項
<b>>SSDの容量は120~128gbになりますが、ミュージックサーバーの容量は増やせませんので、ご理解よろしくお願いします。</b>

⇒容量を増やすのは可能ですが、この出品者は出来ないらしい。容量まで増やすんだったら2万も納得できるかな?いや~、それでも高いな2万は

<b>>HDDが弱っている場合は、コピーによってHDDが使えなくなる可能性もあります。
>SSDに交換した後に地図データを更新するとデータが壊れる可能性があります。</b>

⇒結構な数の事例を見たけど、そんな現象、聞いたこと無い。
CICには本体のフラッシュメモリにCI63、CI62というプログラムが書き込まれていて、HDDにはCIA0と言うプログラムが書き込まれています。
HDD内のCIA0は、本体のフラッシュメモリ内のCI63、CI62にマウントされていて、HDDをSSDに換装すると、このマウントが外れてしまい、地図データをうまく読み込まなくなることがあり、その現象を言ってるのかな?
そんな場合は、CI63、CI62、CIA0を通しで(WinKFPなどで)FLASHしなおしたら、HDD(SSD)のマウントが復活するので、きちんと作動します。

 

>いかなる場合でも保証、返金はできません。
そうか~、保証しないのか~。

 

最後に
CICのHDD内のCIA0はDATENによって微妙に違いますが、互換性があります。
なので、自車のCICのHDDが万が一だめになったら、そのときに、友達のHDDをクローンしたら、復活します。E60、E90、F系のCICのHDDも、どれも同じで互換性があります。
なので、壊れてから誰かのHDDをクローンしてもよいかも?
ただ、ドナーのHDDの音楽データなんかも移植されて、レシピエントの音楽データなどはもちろんダメになりますが。

コメント

  1. アバター 佐藤正行 より:

    本文中に@「NBTのHDDは不可能に近い」とありますが、それはなぜでしょうか。当方一度NBTで「NO SIGNAL」になった経験から、HDDのクローンをしたいと考えています。NO SIGNALの原因がHDDかどうかはわかりませんが、できることはやってきたいと考えています。

    • レトロフィッター レトロフィッター より:

      こんにちは。CICは本当に簡単にクローンできますが、NBTはセキュリティが強いです。ただ、現在は海外の連中がSSDにクローンしているようです。NO SIGNALの原因はいくつか考えられます。

  2. アバター 佐藤正行 より:

    早速の返信ありがとうございます。たしかにPCではHDDとして認識されません。
    Pcを介さずにクローンスタンドのようなものでも丸々コピーはできないのですかねぇ。

    • レトロフィッター レトロフィッター より:

      BMWのナビはQNXなので、LINAX、QNXの知識が必要です。私の少ない知識では、申し訳ありませんが、厳しいです。

タイトルとURLをコピーしました