WinKFPのExpert ModeでのE90BMWのDMEのFLASH

WinKFP Expert ModeでのDMEのFLASH

 

WinKFPでのDMEのFLASHです。
FLASHといっても、書き換えではなく、古いDATENから新しいDATENに書き換え(その反対も)や、普通のM3のDMEをGTSのDATENに書き換えたりの方法です。

 

コレは私自身実践したことはありませんので、本当に本当に、自己責任で作業願います。

 

「やってみたけど失敗して、車輌がうんともすんとも言わなくなったので助けてくれ」
という悲痛なお問い合わせにも、お答えできません。
DMEの書き換えは、一部の目的以外ではあまり出くわさないものだと思いますが、やって見たい人のための情報です。

 

 

まずは、WinKFPのExpert ModeでのDATEN書き換えの下準備です。
C/ECAPPS/NFS/DATAにDEVELOPフォルダを作成する( 大文字でも小文字でもOK )。

MSS60の場合、C/ EC APPS/ NFS/DATA/MSS660を開いて 、目的ファイルを先述 のDEVELOPフォルダにコピーペーストしておく。

MSS60.DAT、 MSS69.HIS 、 MSS60.HWHは不要で、 該当( FLASHしたい))~.0pa と ~.0daファイル の み を DEVELOP に コピ ー し てお く。
※Expert Modeの場合、 配置ファイルは、 このDEVELOPフォルダ内から選択する。

ーまだ続くー

 

スポンサーリンク

WinKFPでの書き換え

 

 

Comfort modeを選択する。

 

 

Choose ZUSBを選択する。

 

 

EUC Family及びZB-Number

MSS60 を選択して、適当な(何でも良い)ZB-Number を選択してOK。

コレで、PABDとP-SGBD とECU Addressが自動選択される。
その後、“Expert mode”を選択する。

 

“Expert mode”を選択

上記のPABD,P-SGBD、ECU-Address はComfortMode で自動選択されたままでOK。

Data file を選択する。

 

Data Fle

コレはDEVELOP フォルダ内のファイルのみ選択可能。

 

Wrong program version

エラーが出るが強硬突破。

 

 

Program File を選択。

Done を選択。

 

“Prog Program”

“Prog Program”で書き込み開始。
終了したら、Prog Data で書き込み終了。

 

 

ところで、

このConfiguration の上図の丸の部分を全部あらかじめチェックをはずすと、UIF が書き込まれない。

タイトルとURLをコピーしました