WinKFPの使い方

WinKFPの使い方

 

WinKFPでバージョンダウンする場合、Expert Modeを使用する必要があります。
Comfort modeは書き換え後のZBを指定するだけで、後は自動で設定されますが、Expert Modeは手動で細かい設定が必要になります。
その細かい設定を、CICの3つのプログラム(CI63、CI62、CIA0)を例に説明します。

 

 

まずCI63を例にとると。
V42のDATENにCI63をFLASH(バージョンダウン)する場合、V42の該当ZBを見つける必要があります。

 

もちろん下準備として、ダウングレードのZBのDATENをEDIABASとWinKFPに配置しておきます。

ーまだ続くー

 

 

スポンサーリンク

Fileの配置方法

①C:\EC-APPS\NFS\DATA\CI63F1
C:\EC-APPS\NFS\DATA\CI63F1を開きます

 

②.0DAという拡張子のファイル

その中に.0DAという拡張子のファイルがいくつかあるので開いてみます

(例)
A9257174を開くと、先頭の記述が
$REFERENZ 0202J50F65RAZHR65 G:020000020000FC
:02000004001CDE

A9257176を開くと、先頭の記述が
$REFERENZ 0202J50F65JAZJD65 O:020000020000FC
また、この0202J500202J50F65JAZJD6の部分の最初の6桁の“0202J5”が、この9257176にフラッシュするNAABのうちの後ろの部分です。

ここで、0202J50F65JAZJD65 OのJAがJAPANです。なので、このA9257176が目標のバージョンダウンのZBに相当する。
また、この0202J500202J50F65JAZJD6の部分の最初の6桁の“0202J5”が、この9257176にフラッシュするNAABのうちの後ろの部分です。

 

 

③CI63.DATファイル

CI63.DATファイルを開くと下記のようになっています
$ VERSIONKFCONF: kfconf10.dat;SG-TYP: CI63F19257172,0000000,9257170,A,9257174DA,0FFFFFFFFFD,000,1 D9257176,0000000,9257175,A,9257176DA,0FFFFFFFFFD,000,1 A9257173,0000000,9257170,A,9257174DA,0FFFFFFFFFD,000,1 Gなので、今回書き込む組み合わせは
9257176、9257175、A9257176である。そして、②で見つけたNAABの後ろの部分が0202J5でこれが選択するNAABの後ろの部分に当たります。

 

 

④C:\EC-APPS\NFS\DATAの中にDEVELOPというフォルダを作成

C:\EC-APPS\NFS\DATAの中にDEVELOPというフォルダを作成します。

 

 

⑤DEVELOPに、C:\EC-APPS\NFS\DATA\CI63F1の中の該当ファイルをコピーペースト

DEVELOPの中に、C:\EC-APPS\NFS\DATA\CI63F1の中の該当ファイルをコピーペーストします。今回だと、_0202J5が一致すれば、他のファイルでも可(例えばH020170_0202J5でも可)。
EXPET MODEの場合、このDEVELOPに保存してあるファイルのみ選択可能です。

 

 

⑥C:\EC-APPS\NFS\CFGDATの中のCOAPI.INI

C:\EC-APPS\NFS\CFGDATの中のCOAPI.INIを開けます。

; Daten
KUNDENNUMMER = 00240
KM = 0
ZBNUMMER = 0000000
SWNUMMER = 0000000
TYPNUMMER = 0000000
AEINDEX = 00


とあるので、ここの

ZBNUMMER = 0000000
SWNUMMER = 9257176

ZBNUMMER = 9257176
SWNUMMER = 9257176

と入力して保存。

 

以上で下準備は終了です。

ーまだ続くー

 

 

書き込み

WinKFPのConfiguration

WinKFPのConfigurationの設定は下記

念のため、タスクマネージャーを立ち上げておきます。
(いきなり100%になるのでドキドキするので)

 

 

⑦書き込み

WinKFPを立ち上げます。
Expeert Modeを立ち上げます。

そして、上図のPABD、P-SGBD、ECU Address、Data file、Program file、NAAB fileを選択してゆきます。
CI63の場合、PABD=08010408CI63F1、P-SGBD=33CI63F1
CI62の場合、PABD=08010408CI62F1、P-SGBD=33CI62F1
でそれ以外の項目は、DEVELOPフォルダ内からの選択になるので、選択肢は一つ。

(上図はすべて選択済みの画像)

上記のセッティングがすべて終わると、“Done”をクリックします。

 

 

クリックすると、下記の画像になります。

 

ポイントとしては

1.COAPI.INIに入力したZBがちゃんと表示されているか
2.上図のようにすべての項目が埋まっているか
3.埋まっている項目のパラメーターが正しいか

3に関しては、要注意。WinKFPは一度セッティングすると、パラメーターが保存されてしまうので、前回のセッティング、例えば63をFLASHして次に62に移ったときや、一度セッティングして入力ミスに気がついたときなどは、前回入力している項目がそのまま引き継がれていないか注意が必要。すべて正しければ

1.Prog.NAABをクリック。VINの入力は求められません。
2.バーが100%になってもしばらく放置する。放置すると下記が出現するのでOK。

  1. 次にProg ProgramをクリックするとVIN入力が求められるので入力。
    コレは100%になってしばらくすると、WinKFPは勝手に停止するので、100%になってもしばらく放置。
  2. 一旦WinKFPが停止するので、もう一度上記のとおりにセッティングしなおす。その後Prog Dataをクリックし、同様にVINを入力しOK。これも100%になってもしばらく奉仕して自然に停止するのを待つ。A0はProgNAAB、Prog.DATAはなし。VINの入力不要。FLASHにかかる時間の目安は下記です。前が100%になる時間、後ろが停止する時間はE90(V41)

 

所要時間は下記です。

CI63
NAAB   2分25-4分40
Prog    24分04
Data    1分18-2分30CI62
NAAB   1分45-4分02
Prog    1分56-1分59
Data    1分15-2分27CIA0
NAAB
Prog    28分08-29分19
Data    1分32-3分52
タイトルとURLをコピーしました