CICからNBTにRetrofitされたBMWのナビのEsysによるコーディング

CICよりNBTへRetrofitした場合の、NBTのcoding方法です。

 

 

まずはEsysの起動。

 

”Expert Mode”の”Vehcle Order”で”Load”をクリックする。

 

 

 

保存しておいたFAを選択する。

 

 

 

LoadしたFAを右クリックして、”ActivateFA”を実行する。

 

 

 

左上のConnectマークを実行する。

 

 

 

車種はターゲット一覧を参考に選択する。今回はF20を選択する。

 

ターゲット一覧
シリーズ モデルコード Target(*1)
BMW 1シリーズ F20/F21 F020
2シリーズ F22/F23/F45/F46 F020
3シリーズ F30/F31/F34/F35/F80 F020
4シリーズ F32/F33/F36/F82 F020
5シリーズ F10/F11 F010
5シリーズ(GT) F07 F001
新5シリーズ G30/G31/F90 (*2) S15A
6シリーズ F06/F12/F13 F010
7シリーズ F01/F02 F001
新7シリーズ G11/G12 (*2) S15A
X1 F48 F056
X3 F25 F025
X4 F26 F025
X5 F15 F025
X6 F16 F025
iシリーズ i3/i8 I001
MINI MINIシリーズ F54/F55/F56/F57 F056

 

 

RetrofitのNBTへのEsysの接続は、下記の設定で接続する。

 

Connection via gateway URL:tcp://169.254.199.99:6801

LANのプロトコルは下記です。

 

 

下図のようにエラーが出るが気にしない。

なお、接続しているかどうかは、接続ボタンのアイコンの状態で確認することができます。

 

 

車両と接続されたら、ECUを読み取る。

 

 

下図のようにECUが読み取られる。

 

 

下図を選択すると

 

 

”ReadCodingData”

”ReadCodingData”が選択できる。これを実行すると、ECU(今回はNBT)に実際に書き込まれているCodingDataがEsysに読み込まれる。

 

 

 

こんな画像が出るが気にしない。

 

 

 

読み取ったデータを右クリックして、Edit FDLを選択する。
”Search for”で変更したい項目を検索する。

例えば、”Gyro”と検索すると、Gyroを含んだcoding項目が見つかる。

 

図の変更したい項目を右クリックして”Edit”を選択する。

 

例えば、SPEEDLOCKの数値を変えたいときには、”Wert”を右クリックして”Edit”を実行する。
下の欄に変更したい項目(数値)が出るので、変更して、右足のボタンをクリックする。

下図の部分を選択して、”Code FDL”を実行すると、変更した項目がcodingされる。

 

 

また、下図の部分を選択して、”Code”を実行すると、FA(SA) codingされる
(先ほど変更した部位はcodingされない)

 

 

 

一度codingするとNBTが再起動され、IPが変更させる。しばらく放置すると、元のIP
169.254.199.99に戻る。

しかし、連続してCodingしたい場合、Eシリーズのcodingの要領で、K+D CAN ケーブルで車輌とPCを接続し、Toolset32(=tool32)もしくはDrGiNiを起動させる。
ECU:NBT(nbt.prg)で
”status get ipconfig”を実行すると、現在のNBTのIPが確認できる。

169.254.199.99ではない場合、さらに、tool32の
”steuergeraete_reset”のjobを実行すると、NBTが完全再起動して、IPが変化する。

CICもNBTもIPは3種類ほどをグルグル回っているようだが、”steuergeraete_reset”の後は大体(NBTの場合は)デフォルトのIPの169.254.199.99に戻るようだ。

resetの後、もちろんもう一度IPを確認されたい。

 

おばあちゃんの知恵
NBTのコーディングの場合、Esysでcodingすると、再起動後に、HeadUnitのIPがEsys接続のIPから違うIPに変わります。
そのため、一度codingするとしばらくEsysがつながらないのです。
上記の方法でHeadUnitの現在のIPを確認してEsys接続のIPをそのIPに変更して接続する方法も理論的には可能ですが、実際はうまく行きません。
HeadUnitのIPを確認できる状態=HeadUnitをコマンドで完全再起動可能の状態
なのでHedUnitのIPを確認してEsysの接続IPを変えるよりは、そのままHardResetして普通にEsysを接続するほうが確実です。
タイトルとURLをコピーしました