BMWコーディング時にC/NCSEXPER/WORKに吐き出されるファイル

Eシリーズのコーディングは、一般的には

①車輌に接続してCAS(E9XだとFRMでもOK)を選択してFAを読み込んで、
②モジュールを選択してモジュール内のTRCを書き出して、NCS Dummyでパラメータの変更、書き込み用のMANファイルに変換してExportし
③NCS Expertで車輌に書き込み

です。

 

 

ここでこの②のTRCファイルを読み出すときに、C/NCSEXPER/WORK内に吐き出されるファイルについてちょっと触れます。

もちろん、NETTODAT.TRC、FSW_PSW.TRCは吐き出されるのですが、それ以外にもこんなファイルを吐き出すのをご存知ですか?
ってご存知でしたら、読み捨ててください。

 

 

順番に中身を見てみます。

ABLAUF.TRC

Entry:coapiSetBaureihe

 

 

ASW.TRC・・ASW1.TRC、ASW2.TRC共にほぼ同じ内容

E90
REGENSENSOR
RL
JAPAN
GESCHW_REG
KM_TACHO
KLIMA_HIGH
TV
NAVIGATION
ALARMANLAGE
AK_GUWA
XENONLICHT
PDC
PASSIV_ACCESS
SITZMEMORY_FA
SWA
SPRACHEINGABE
JAPANISCH
SITZHEIZUNG_VO
ALC
FENSTERHEBER
A_SPIEGELPAK
ULF
AUTO_ABBLEND_I
LICHTPAKET
DVD_AREA_CODE_2
SETCODE
HECKROLLO
BATT_AGM_90AH
I_4_40
CCC
PU04
E9X
PL2
MAI04
DEZ04
MAERZ05
DEZ06
PU05
FZD
JUNI05
PU06
VERRIEGELN_AN
M3
ACEA_CO2
JUNI06
ZYL8
S65B40
PU07
MAERZ07
MAERZ06
CO2_IGR
CO2_MSA
CAS_CI_06
PU08
PU09
PU10
PU11
FZD_E89
JUNI07
CAS_CI_08
FEB09
MAERZ08
DEZ07
LCI
MAERZ10
CAS_CI_09
ONLINE_INFOWELT
MAERZ09
MAUTSPIEGEL
MAERZ11
JUNI09
SURROUND_KARDON
FZD_E88
DEZ09
SPRITZD_HZG
ZHL
AUDIO_SYSTEM
TFL_INAKTIV
T_AUDIO_SYS
ASIA_SPR
EPS_SG
ULF_FREI

 

fa.trc

E90_#0911&NCSW%0668*PM92
$1CA$1CB$1CC$1CD$2PA$302
$313$322$415$423$428$431
$441$449$459$465$493$494
$4AE$502$508$521$522$524
$534$540$548$563$5DC$601
$609$615$620$644$688$698
$760$771$775$807$818$845
$852$876$8S3$8TM$925
$992-A090

 

あとは、FSW_PSW.MAN、FSW_PSW.TRC、NETTODAT.TRCはおなじみのものなので省略します。

 

最後に

SYSDATEN.TRC
CODIERDATUM
190818
WERK_NR
0000
HAENDLER_NR
12345
CHECKSUM
34
CHECKSUM_1
00
CHECKSUM_2
00
TEILENUMMER
1753452
FAHRGESTELL_NR_PRUEFSUMME
0
HIGHBYTE_SCHLUESSEL
12
LOWBYTE_SCHLUESSEL
34
SIA_DATUM
9901
CHECKSUM_RPU
0000
CHECKSUM_SPU
0000
FAHRGESTELL_NR
WBAGL41000LC00015O
LACK_CODE
0000
POLSTER_CODE
0001
KL30_STUNDENZ_OFFSET
987654
OFFSET_GESAMTWEGSTRECKE
01
FGNR_TEST


fa.trc ですがコレをベースに偽装SSD(Fake VIN)を作成できます。

E90_#0911&NCSW%0668*PM92
$1CA$1CB$1CC$1CD$2PA$302
$313$322$415$423$428$431$441
$449$459$465$493$494$4AE$502
$508$521$522$524$534$540$548
$563$5DC$601$609$615$620$644
$688$698$760$771$775$807$818
$845$852$876$8S3$8TM$925
$992-A090

 

に自車のVIN(18桁)を入れ込んで、

M E92_CODIERSCHL ALL A 001
WBSKG920X0*******Q
E92_#0911&NDSW%0490*KG92$161
$1CB$1CC$1CD$223$230$2MD$2MK
$2PA$302$313$423$428$431$441
$459$470$490$494$4AE$4MY$502
$508$521$522$524$534$540$563
$601$609$614$615$616$620$644
$688$694$698$6AL$6AB$6FL
$6NF$6NR $6VC$760$761$775
$7MA$807$850$852$876$8S2$8S3
$8SM$8TG$938$940-A090-TELD

拡張子は、 .ssd
最後のTELDはテレマチック削除のためのコマンドのため、一般には不要。

 

ここで、#0911&NCSW%0668 は年式やE92などと呼応しているチェックデジットのようです。
なので、例えばE60のCCCの車輌のfa.trcを見つけてきて、それをベースに自車のFAを入れて、さらにCCC特有のFAはCIC特有のFAに変更してSSDを作るという感じです。

コレを作成すると、例えがCCCが標準装備のE90にCICをインストールするとき、事前にCICをレシピエントのFAで一気にセットできます。

 

CICのRetrofit時に、自車のFAから偽装SSDを作成すると、そのSSDを読み込んでCICをFACodingできます。
そうすると、CICをインストールすると同時に完全作動します。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました